初心者でも始めやすいみんなで大家さんの魅力

支出の種類を知ろう

マンション

投資用マンションというと家賃収入にばかり目が行きますが、支出についても理解をしておきましょう。投資用マンションにおける支出には、家賃に連動して発生するものと、家賃と連動せずに発生するものがあります。家賃に連動して発生する支出とは、投資用マンションの賃貸管理をしてもらっている不動産会社に管理料及び所得税と住民税です。多くの不動産会社では家賃の数%と定め、家賃が発生した時にだけもらうという形を取っています。所得税と住民税は家賃に連動するというよりも不動産所得に連動しますが、家賃収入が減れば不動産所得も減るので、大きな意味では家賃に連動すると支出と言えます。次に家賃と連動せずに発生する支出ですが、具体的な例を挙げると、管理費や修繕積立金、固定資産税等です。これらの支出は家賃に関係なく定期的に発生するので、空室になり、家賃収入がなくなってしまうと、オーナーの財布から支出することになります。投資用マンションで資産運用をする場合には不測の事態に備えて、ある程度の手元現金を置いておきましょう。なお、収入については、家賃以外にも収入が発生するケースがあります。例えば、更新料です。更新料とは入居者と賃貸契約を更新する際にもらうことができる手数料のことを言います。多くの場合、賃貸契約は2年に一度の更新が行われます。つまり、2年に一度のペースで臨時収入が発生する可能性があるのです。但し、更新料の半分は不動産会社に支払う手数料となります。